スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「シュタインズ ゲート」 プレイしました

ものすっご~く今更なんですが、有名なノベルゲーの
「シュタインズ・ゲート」をプレイ&コンプしました。


この作品は少し(?)前にプラコレが出るまでは
結構なプレミア価格になっていたので、長らく敬遠していました。
前作(メーカー的な意味で)のカオスヘッドもかなり楽しめたことと、
価格面で手頃になってきたので遂に手を出してみました。


願わくば、先日の某「コードなんとか」というタイトルの
ノベルゲーの口直しになってくれますように・・・!
などと密かに思っていたのですが、これがまた面白い!


途中までは割りと平和な内容なのですが、
ある地点を越えた辺りから段々と剣呑になって行き・・・。
そのあたりの話の展開がとても上手くできていたように感じます。



最初のうちは、主人公がイタい人すぎてキツかったのですが、
彼がそういう風になった理由がとても優しいものだったので、
不覚にもちょっぴり泣いてしまいました。


いわゆる「2ちゃんネタ」なるものが多く含まれているのはカオスヘッドと同じ。
わたしは2ちゃんネタがほとんど分からないのですが、
大体のものにはTIPSとして解説がはいるのでなんとか理解できました。
むしろ私としては勉強(?)になりました。



終盤には、失意と希望の中、
目標に向かって頑張るお話になります。
*ネタバレを避けるとこんなに曖昧な表現になってしまいます。

幾度となく打ちのめされながらも、
その度に歯を食いしばりつつ、必死に立ち上がる主人公。
私の好きなマブラブオルタにも一部通ずるものがありました。


全ての艱難辛苦を乗り越えた後、
主人公は遂に世界線の向こう側に到達します。
その世界線の内容については触れないでおきますが、
最後のセリフを聴いた瞬間、私は咆哮しましたw


アツイ気持ちになれるようないい作品でした!
未体験の人には是非ともプレイしてみて欲しい一本です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

black-alien

Author:black-alien
福島県に住み着く外来種。
県外の出身なのに福島を故郷だと言い張って聞かない困ったちゃん。
箱(XBOX360)をやり始めてから実績システムの存在を知り、いつの間にか実績マニアに・・・。
残念な腕前の自称ゲーマー。
・・・もはや病気です・・・

  • 管理画面
  • カテゴリ
    最新記事
    最新コメント
    箱ソフトを買うなら、ココが最安!
    ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
    検索フォーム
    フレンドさん達のお部屋
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。