スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『シャッター』 観ました の巻き

最近はオン実績をセルフで解除し続けているききょうです。
今はエースコンバット6を解除しているところなのですが、
これがまた長いので、基本放置でやっています。
そこで、その間に映画を観ちゃおうということで色々と観ているのですが・・・。
今回はホラー映画の『シャッター』を観ました。


飽くまでも個人的な感想なのですが、
ホラー映画としては別に特筆するところもないように感じました。
怖いか、と聞かれると特に怖くもなんともないのですが、
ちょっと珍しい映画だな~、と思ったのです。
どこが珍しいと感じたかというと・・・。




*微妙にネタバレ?なので注意です



この映画の主役は新婚の女性で、夫も主役クラスとして登場しています。
大まかな内容としては、女の幽霊につきまとわれて怖い思いをする、というお話なのですが、
観ていて違和感を感じるというか、腑に落ちないことが序盤からいくつか出てきます。
それらはお話が進むにつれ少しずつ明かされていくのですが・・・。


これがまたヒドイ内容です。
説明するのも不愉快なほどに、極めてヒドイ内容です。
話のデキがヒドイということではなくて、真相のおぞましさがヒドイという意味です。
デキとしては並みより少し良い感じだと感じました。

わたしが珍しいと感じたのは、悪霊モノの映画なのに、
悪霊側に感情移入するどころか、悪霊の応援さえしてしまうところです。
今まで観た映画の中で、悪霊の応援をしたなんていう記憶はわたしには無いのですよ。
構わん!どんどん殺(や)れ!!
そんな感じなのです。


最後のあたりで、主役(女性)が夫に「少し考える時間が欲しい」と言ったときには、
「あぁ!? そんなもん考えるまでもねぇだろうがよっ!!」と、
思い余って乱暴な言葉遣いでツッコンでしまいましたが、
その直後に主役が「いいえ、考える時間なんて必要ないわね。あなたとは生涯を供にできないわ」
と言い直したのでちょっぴり溜飲が下がりました。


完全に個人的なアレなのですが、もしも何か暇つぶしに映画を観てみたい、
なんて機会があったら、試してみてください。
人によっては物凄く不愉快な気持ちになるかもですが・・・。
謎が少しずつ明かされていく感じが、ホラーというよりは推理モノに近いのかも。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

black-alien

Author:black-alien
福島県に住み着く外来種。
県外の出身なのに福島を故郷だと言い張って聞かない困ったちゃん。
箱(XBOX360)をやり始めてから実績システムの存在を知り、いつの間にか実績マニアに・・・。
残念な腕前の自称ゲーマー。
・・・もはや病気です・・・

  • 管理画面
  • カテゴリ
    最新記事
    最新コメント
    箱ソフトを買うなら、ココが最安!
    ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
    検索フォーム
    フレンドさん達のお部屋
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。