スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

後藤さん大好き日記 (車輪の国 向日葵の少女プレイ日記)

長らくノベル系のゲームはご無沙汰だったので、
ちょっとノベルものでもやろうかなっ★  ←かなりウザいですね・・・
と思ってプレイした件の『Phantom』。
十二分に満喫したのですが、作品的にまったりとはいかないものだったので、
ここはもうひとつ何かを読み漁っておこうと思い、
以前から何となく気になっていた、『車輪の国 向日葵の少女」に手を出してみました。


出だしは向日葵畑の間を進む主人公が、取りとめもない話をしていてまったりしました。
しかしそれも束の間、そのまったり感を一気に、そして完全にぶち壊すような、
超トンデモ展開が待ち受けていて度肝を抜かれました。
ネタバレをしないためにも詳細には触れませんが、
「・・・えっ」という声さえ出ないようなアレでした。
「ぼくらのトラウマゲーム」という動画に出ていたのはこれだったのか・・・。



まあ、そんなことは置いておいて、ノベル系をプレイする際に、
多くの場合、原作未プレイ&事前情報もないわたしにとって、
いい意味でも悪い意味でも、毎回感嘆する事柄があります。
それは各キャラの声を担当する声優さんです。
別に声優ファンというわけでもないのですが、
聞いていて心地いい声や話し方、呼吸の仕方(?)みたいなものがわたしにはあります。
もちろん演技力も重要なのですが、場合によってはそれよりもさらに重要な「ナニカ」があるのです。
私が好きな声優さんの中でも、とりわけ説明し難い、その「ナニカ」を最も体現しているのが
他ならぬ後藤さんだったりします。(私にとっては)



のっけから「わかもっつぁん」とわたしが呼んでいる、若本規夫さんが登場!
相変わらずの「わかもっつぁん節」に癒されました~。
しかもすごい偶然なことに、そのキャラのあだ名は「とっつぁん」だったりしますwww
しばらくすると「北斗ねえ」と勝手に呼んで敬愛している北都南さんが登場。
今回は大人しい系というかアレな感じの担当なんですね~。


そしてここからが重要!
テストとかにも出ちゃいます。(んなわけはない)
わたしの最も敬愛する4声優のひとり、後藤さんが登場しました。
主人公の姉役(回想)で。


今のところ回想で出てくるだけなので、役どころが今ひとつつかめていないのですが、
色々とクセのある素敵な変態さんという感じのキャラです。
変態さんは好きではないのですが、後藤さんが演じるとなれば話は変わります!
何故か後藤さんが演じる変態さんはとても面白いので大好きなのです。
時には半ズボンが大好きなキャラだったり、時にはSMプレイが大好きなキャラだったり・・・。
どちらも好きではないわたしも、後藤さんが演じると何故か不快感がありません。
それどころか面白すぎるのでもっと聞いていたいのです。


なんというか、「うっわ!このキャラ超キモイじゃん!!」と思いつつも、
そのキャラにきちんと愛情を込めて(或いは楽しんで)演じているとでもいうのでしょうかね。
小さい子供がちょっとしたレベルのいたずらを心底楽しんでやっているような。
そんなワクワク感みたいなものが伝わってくる演技だとわたしは思います。
・・・或いは演技しているわけではないのかも・・・?
と思うほどに自然というか、嘘がない感じ、プラスな空気がまた大好きなのです。
演技をしているとかいうよりも、ある意味で独特の「世界」を作り出しているといいますか・・・。



変態パートは色々と壊れていて、言うまでもなく素敵なのですが、
通常パートでもノリツッコミ的な台詞が多く、
これがまた後藤さんにしか出し切れない絶妙な呼吸でして、
プレイしている最中のわたしは、時にまったりしたり、時に大爆笑しつつ、
後藤さん特有のお茶目空間?を満喫しました。


現在、第三章の終盤(かな?)なのですが、
後藤さんにはもっともっと登場していただきたい、と心から祈っている次第であります。
なんというか、聞いているだけで日々の苦労は労われ、疲れは霧散していく心地でありますwww


作品全体としてもとても魅力的なできでして、2時間くらいで切り上げよう~。
と思っていたのに、気付くと6時間くらいプレイしていた!?ということが既に2回ありました(泣き笑い)。
これからどういう方向へ話が流れていくのか、いまは全く読めない感じですが、
某・南雲さんはまた登場するんじゃないかな?
登場するに違いない!と勝手に思いこんでいるわたしなのでした~。


最後に一言。
「ドンマイ、私!」
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

black-alien

Author:black-alien
福島県に住み着く外来種。
県外の出身なのに福島を故郷だと言い張って聞かない困ったちゃん。
箱(XBOX360)をやり始めてから実績システムの存在を知り、いつの間にか実績マニアに・・・。
残念な腕前の自称ゲーマー。
・・・もはや病気です・・・

  • 管理画面
  • カテゴリ
    最新記事
    最新コメント
    箱ソフトを買うなら、ココが最安!
    ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
    検索フォーム
    フレンドさん達のお部屋
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。