スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

怪奇! アンビリーバブル!!

すっご~っく暇なので、なんかホラー映画でも観ようかと思い、
近所のゲ○へGO!!
毎度、このお店に来ては思うこと。
それは、観てみたいと思うホラー系作品は大体観てしまっており、
借りるモノがNeeeeーーーーーーー!状態なのです。
なので、毎回借りるモノ選びに30分はかかってしまうのです。


今回も悩みに悩んだ末、正直「つまんないだろうな~」と思いつつも、
ホラー系のDVD,「怪奇! アンビリーバブル」とかいうシリーズを借りてみたのです。
わたしはこういう系をほとんど借りたことがありません。
というのも、怖い・怖くない以前に、この手のモノは白けちゃうモノがほとんどだったからです。


とはいえ、最近退屈しまくっていた上に、借りるものがない状態だったこと、
そして、テレビ番組の『アンビリバボー』シリーズと勘違いしていたので、思わず借りちゃいました。
わたしには霊感とかいった類のものはゼロなので、
心霊写真とかの真偽はさっぱりです。
しかし、かなり昔に偶然に何かの番組の心霊コーナーで、
電車内の写真(赤っぽい複数霊とかいってた)を観たときには、
霊感とか関係なく、ものすっごく本能的な恐怖を感じたのを未だに忘れられません。
霊感というものが具体的にどういうものなのかは
霊感ゼロのわたしには分からないのですが、
少なくとも本当にヤバいものには、
本能的な恐怖を感じるのかもです。
本当のところはどうだか判りませんが。


その辺のことを思い出して勇んで借りてみたこの作品!
で、どうだったかというと・・・。



アンビリバボー!!!!



思わずそう叫びたくなるくらいにダメすぎる出来ーーーーィ!!!!!
その辺の幼稚園児ですら100%見抜けるレベルのダメダメ振りに、
怒りを通り越して、呆れるのも通り越して、ため息が出るのも通り越して、
「ここまでくると笑うしかないよね~♪」すら通り越して、
本っ当ぅ~~~にダメすぎる出来に、「金返せ~!」と言う気力どころか、
そういう発想さえ出てこなくなるレベルにダメダメでした(泣)。


まず第一に、役者勢が揃いも揃って、「大根役者」と表現したら、
普通の大根役者様方に対して、これ以上ないくらいに失礼になってしまうくらいの
超・超・超ダメっぷり!(超とか言うの嫌いな私でも思わず言ってしまうほどヒドイ!)
その辺の幼稚園児を掻っ攫ってきて、台本を押し付けてぶっつけ本番で
台詞を読ませたのと、正直大差ないくらいにものすっごくヒドイ出来。
どうしてこんな体たらくなモノを世に出せたのさ!?
と、ものすっごく失礼な内容(この出来に対しては失礼に当たり得ないけれど)のことさえ
言ってしまいたくなるほど、とにかくヒドイ!!
観たら同意してもらえるはずなのですが、全くお勧めいたしません(泣)。


ああ、これ、ホラー作品ってなってたけど、そういうことか!!!
ちびってしまうほど恐ろしいくらいヒドい出来!
すいません、こんなおいしいネタ振りに気付かなかった
私にこそ重大な非がありますよね!!
えへへっ♪


・・・と、口汚く罵ってしまいたくなる程の出来なのです(大泣き)。
スポンサーサイト

映画 『逃走車』 予告編

今週は箱をほぼお休みして映画ばかり観て過ごしています。
(訳:呑んだくれています)

今更ながら借りた『のぼうの城』に収録されていた映画の予告編を
ぼんや~りと眺めていたのですが、『逃走車』という映画の予告編でビックリ!
予告編内で、カーナビの音声の体裁でサブナレーションが入っているのですが、
その声が多分ですが本田貴子さんでした。
違ったら恥ずい(汗)。


品のある丁寧な「ですます調」の話し方、大好きです。
どんなまとめだ・・・。

間柴さんの適任み~っけ?

今映画の『L~change the world~』を観ていたのですが、
実写版のLを観ていてずっと何かに似ているな~、っと思ってはいたのです。
なんだろう、テナガザルっぽいというか、死神のリュークっぽいって言うか。
それ以前に人として不気味すぎるw
Lは大好きなんですけれどね、
客観的に見て、街中にあんな顔色の悪すぎる人がいたら本気で心配になります。

今気付いたんですが、彼は『はじめの一歩』の間柴了の役ができそうな気がします。
メイクやら何やらで人相を悪くでき、かつ喋り方を変えられるのであれば、
多分きっとかなりのハマり役になるハズ!!

まあ、実写化されることもないでしょうし、
仮にあったとしても間柴さんの出番はほぼないでしょうけども・・・。
新人王戦の頃から大好きなんですけどね、間柴さん。

アサクリBH 終了、そして ルートダブルへ

ようやっとアサクリが終わりました~。
アサクリは1の頃から作を重ねるごとに、
システム面の向上によって、
実績的な意味での難易度は下がっているのかもです。
*オン実績を除く


ただ、ゲーム的な意味では1からやっていることが同じ&
似たようなことを繰り返しやらされるのがこのシリーズなので、
新鮮味がないというか、少なくとも1をプレイした頃に感じた
「おお~~っ」というちょっとした感動みたいなものはないかもです。
あと、フリーランがもうちょっと洗練されたら嬉しいです。


お話的な意味では、個人的な好みでしかないのですが、
いわゆるカミサマ(本物かどうかまだ分かりませんが)とか出て来られちゃうと、
わたしとしては「なんだかな~・・・」となってしまいます。


宗教っぽいお話しが嫌いというわけではないのですが、
こちらの意向や信条を無視した布教・勧誘みたいなものが
とてつもなく嫌いなわたしとしては、
ゲームの進行の中でどうやっても避けられない形で
カミサマのお話しとかが出てこられると、
その辺のアレコレを押し付けられているように感じてしまって、
不快というか気持ち悪いというか、上手く言えないのですが
とってもイヤでした。
*別に布教ゲーではないですよw


次回作もオン実績があるので、恐らくですが
わたしにとってのアサクリシリーズはここでおしまいになりそうです。

そして早速次の作品へ~。
次はルートダブルをもっと進めようかと思いまする。
今更ながら、橘さんってわたしの好みのタイプ。
特に前半の辺りが。


キリッとしていて、メチャ厳しい人、大好きです。
ただし、「怒られちゃったけど、確かにこの人の言うことは正しいな」
と思えるような人に限りますけれど。
M、という訳ではないのです、断じてw
プロフィール

black-alien

Author:black-alien
福島県に住み着く外来種。
県外の出身なのに福島を故郷だと言い張って聞かない困ったちゃん。
箱(XBOX360)をやり始めてから実績システムの存在を知り、いつの間にか実績マニアに・・・。
残念な腕前の自称ゲーマー。
・・・もはや病気です・・・

  • 管理画面
  • カテゴリ
    最新記事
    最新コメント
    箱ソフトを買うなら、ココが最安!
    ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
    検索フォーム
    フレンドさん達のお部屋
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。