スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

星になぁ~~っれ!

年末だからこれまでのことを振り返っちゃうよ!企画、第3弾。
今回はこれまでに全解除したソフトのうち、
高難易度とされているソフトのまとめです。
因みに難易度の基準は、某まとめWIKIの判定に準拠する方向で。


★×5
Gears of War 3


★×4
FableⅡ
Devil May Cry 4
Gears of War
Gears of War 2
Gears of War 2 (JP)
Grand Theft Auto IV
Hexic HD
Left 4 Dead
Left 4 Dead2
ヴァンパイアレイン



今まで色んなソフトで苦労し続けてきた記憶がある割に、
こうやってまとめてみると思ったよりも
高難易度のソフトをコンプしていないことに気付き、プチショック。
つまり、私にはやはり腕がないのだということを再認識(泣)。


まあ、でも、★×4以上のソフトで味わったキツさは、
他のキツめのソフトのそれと比べてみても、
確かに段違いではあるのですが。


今にして思えば、あのキツかったL4Dのソロコンプへの挑戦は、
あれはあれでとても楽しかったように思います。
やっている最中は楽しさ以上にしんどかったのですが、
最近では、あの頃のドキドキ感を懐かしく思うこともあります。
・・・まあ、二度と挑戦しませんがねw


ひとまず、高難易度と言われている(ネタ的にも美味しいアレです)、
エルシャダイを先日入手したわけですし、
適度に積みゲーを崩したあたりで挑戦してみようかと思います。
スポンサーサイト

ききょうのきみょうな冒険 (駄文)

100%解除の夢が潰えてから落ち込んだ気持ちも、
少しずつ回復してきた今日この頃。
やっぱりデッドスペース2が効いたのでしょうか。


いい感じに初心に立ち戻りつつあるので、
ここらで一度、今までのまとめをし始めようかと思います。
丁度年末ですし、一年の総括にも良いのかも。
(というか、今回は箱をはじめてからの3年間についてなのですが)
今回は私が箱をやり始めた経緯について的なお話。



もともと箱をやり始めたのは、
今や箱のソフトの中でもそこそこ人気かつ有名なシリーズとなった、
デッドライジングの第一作目をプレイしたかったからでした。


当時の私は、ゲーセンに勤めていまして、
仕事に終われる日々の中で、アーケードのゲームは別としても、
テレビゲーム事情には余り詳しくありませんでした。


そんな私はプレステ3も箱も持っておらず、
そのどちらのハードにも、さして興味はありませんでした。
まして、箱に至っては、「ソフトは洋モノメインで、ハードは壊れやすい」
そんなネガティブなイメージさえ持っていました。


そんな私に箱をプレイさせるきっかけを作ってくれたのが、
当時の職場(新潟)で、アルバイトとして働いていたK君でした。
彼は私よりも幾つか年下の子で、笑顔の似合う心優しい子でした。
*因みに、彼は箱を持っておらず、モンハンが好きな人でした。


そんな彼がある朝、集金作業の時に、
「ききょうさんがメチャクチャ好きそうなゾンビゲーがありますよ!」
と、割と唐突に教えてくれました。


「オン・ザ眉毛の揃った前髪」と「ゾンビ映画&ゾンビ系ゲーム」が
私の何よりの大好物であることを彼は知っていたのです。
そんな彼は、ネットでゲームのプレイ動画を見るのが好きだったようで、
その中で見つけたゲームのことを時々教えてくれていました。


話を聞くだに、私の好きな映画「ゾンビ」(ショッピングモールのやつ)
にそっくりなので、是非ともやってみたいとは思ったのですが、
いかんせん箱を持っていない&ネガティブなイメージを持っていた私には、
やり始めるために些か敷居が高く、なかなか購入には至りませんでした。


そんな私に更なる新情報をもたらしたのも、やはりK君でした。
「ききょうさん! 理不尽なくらいに即死しまくる変なゲームがありますよ!」
その時教えてくれたのは、「バレットウィッチ」でした。
これも箱ソフト・・・。
少しずつ箱に興味を持ち始めた私。


それからしばらくして、今度は私自身にとって、
後にある意味で運命的ゲームになる作品のことを知ります。
それこそはギアーズでした。


ギアーズ繋がりで出会ったプレイヤーさんは数多く、
そのご縁でフレンドさんになっていただいた方もたくさんいます。
マーカスにとってのドムと同じくらいの戦友、
某yさんとの出会いは、その中でも特に大きいと言えます。
(ドム亡き今となっては色々と微妙な例え)



当時、ギアーズ2が海外で発売された直後くらいだったのかな?
プロローグ部分のカーマイン(弟)のプチ訓練のプレイ動画を偶然見つけたのです。
私はそれまでの間にFPSやTPSをほとんどやったことがなかったため、
新鮮ではあったものの、正直あまり興味はありませんでした。
ただ、今ではお馴染みになったランサー(チェーンソー付きのアサルトライフル)
のデザインには度肝を抜かれたのを覚えています。
「え!? それで敵を真っ二つにしちゃうんだ!? 頭おかしくない?」と。



デッドラをきっかけとして、箱ソフトの何本かに興味を持ち始めた私。
そして丁度その頃に訪れた夏のボーナスシーズン。
割と近所にあったカメクラ(すっごい小さい店)に中古で置いてあった、
「期間限定値引き」の札が貼られていたエリート本体。
偶然揃っていたデッドラ、バレット、ギアーズ(1)。
「まあ、いいか」程度の気軽さで買うことになりました。


今にして思えば、リアルショップで冷遇されている箱ソフトが、
あんなこじんまりとしたお店に3本(本体もですが)揃っていたのもすごい偶然。


やり始めた当初は、何本かの気に入ったソフトをやりつくした後は
押入れで寝かせておくことになるだろう程度に考えていたのですが・・・。
実績システム、特にコンプしたソフトがアイコン付きで
記録されるところがとても気に入ってしまい、今に至ります・・・。
初コンプソフトはデッドラで、2本目がバレットウィッチでした。
件のギアーズは大分後になり、77本目でした。
何だか弁慶の刀狩みたいな響きがありますねw


当時はゲーマースコアが2000を超えたあたりで物凄く興奮していました。
それがよもやスコア15万、コンプ数150を超えることになるとは、つゆ思わず・・・。
あの日から今日に至るまで、長時間ヘビーに働かせ続けているにも関わらず、
フリーズすら殆どせずに、文句ひとつ言わず黙って頑張ってくれている、
うちのエリート本体君に心より感謝。
そして、まだまだコキ使う心積もりなのでヨロシク、ともw


さて、EDFでもやるかな。

絶命異次元2 なんだかとってもハードなタイトル

自分を取り戻せ!キャンペーン(?)ということで、
箱をやり始めた最初期に遊んだソフトの続編をプレイしております。
といっても、「DEAD SPACE」とEDFだけなんですけれども。


今はDEAD SPACE2に注力しております。
今回はセーブが3回しかできないモード(ハードコア)があり、
当然ながらそのモードのクリア実績があるわけでして・・・。


「セーブが3回まで」とだけ聞くと難しくなさそうなのですが、
このモードに限り、チェックポイントが存在しません。
つまり、「死ぬ=前回のセーブ地点からやり直し」なのです。


たった3回のセーブで全15チャプターを完走しなくてはなりません。
いろんな意味で長丁場の消耗戦です。
デッドライジングの14時間篭城プレイを思い出します。
楽しかったなあ、あの頃・・・。


ひとまず1周目は最低難易度で楽しみつつ終了。
2周目にして、いきなりハードコアに挑戦。
ワイルドだろ~?
とか言ってみました。


このモードの難易度は固定(最高難易度クラス)なのですが、
それよりももっと厳しいのが、一撃即死系のトラップやイベントの数々。
しかもその数が半端ないので、ほんのちょっとの気の緩みが死に直結します。
そして、死ぬとかな~~~~~~~~~り前のポイントからやり直し。


ノーセーブで突っ走った場合、何かの拍子で死ぬと、
なんとオープニングムービーがもう一度見られるという親切仕様。
オープニングムービー&イベントはボリュームたっぷりの内容なので、
猫舌な私ですら、淹れたて熱々のコーヒーを飲み終えられる程に
まったりとしたリラックスタイムが訪れます。


しかもイベントスキップ機能は一切なし。
「今のシーンを見たかったのに間違ってスキップしちゃったYO!」
などという悲劇が起こりえない、とても念入りな親切設計!


わ~い、もう一度オープンニングが見たいと思ってたところなの♪
このモードだけもでオープニングを4回くらい見ました
おかげさまで、最近流行りの「聞き流し英語習得法」によるのか、
私の英語力もさぞかし鍛えられたように思います・・・泣。



悪戦苦闘しながら、最初のセーブポイントをチャプター7の終盤に作成。
その後、やり直すこと3回ほどで、2回目のセーブポイントを
チャプター11の削岩機に乗る前で作成。
最後のセーブはチャプター13の最後の最後、
「目玉の手術」の直前で行ったわけですが、
削岩機からココまでの間にかなりのリトライをするハメに。


ラストのセーブポイントからエンディングまでは、
短いこともあり割とあっさりクリア。
何とか無事に解除完了。


それにしてもエンディングの演出(ラストシーン)は、
前作のラストシーンを否応なく思い出させるような
とても良い仕上がりになっていまして、
見ていてかなりスリリングでした。
主人公の表情も、「げっ!? まさか・・・!?」という感じでしたよw



さて、あとは最高難易度でのクリア実績のため、
1周目の物資を潤沢に引き継いだ、
オレtueee----!!モードを楽しむことにしますw


・・・って、もう朝の5時ですじゃん!?

やばいです、またもやハズレです・・・(人生的な意味でも)

さて、件のクリスマスプレゼントが届いたわけなのですが、
それに微妙に絡む形で悲しい事実がありました。



つい先日、CSIをコンプしたのですが、
その時に、うちのコントローラーさんが完全にリタイア状態なのが発覚。
右スティックも左スティックも、両方とも、それぞれ左右どちらに倒した場合でも
スティックを離した後も入力しっぱなしになっていることが判明。


証拠品を鑑定しようとするたびに、
画面がぐるぐる、ぐるぐる。
私もぐるぐる、ぐるぐる。
もう何が何だか、「しっちゃかめっちゃか」状態。


何を言ってるのか分かりにくいと思いますが、
要は全く使い物にならないということです。
(これ以上分かりやすく説明できるだけの能力が私にはなかったっぽいです)



クリスマスプレゼントも届くことですし、
パッドもそろそろ新調しようと思って某アマ○ンさんで新品購入したのですが・・・。
やり始めて30分で微妙な違和感アリ。


あれ?
左スティックが下方向に倒すと入りっぱなしになってない?


・・・泣。

私からのプレゼントぉ!!  (シェルミーさん風味)

先日某釣りゲーにより、解除率100の望みが絶たれてしまい、
意気消沈中の私でした(実際には現在進行形でありますが)。


やる気の大幅減退に伴い、実績解除のペースも大幅に落ち込み、
この一月で増えたゲーマースコアは、なんと2000前後。
実績病患者になってから、過去最低記録でありました(泣)。


これではいかん!と思い立ち、
一足早いクリスマスプレゼント(もちろん自分用)を注文しました。
モノはもちろん箱ソフトです。


本当は積みゲーを崩すまで新規購入を控えようとか考えていたのですが・・・。
買っちゃいました。 無念♪


今回のお題はこちら!(某クルクルラボ風味)
・AFRO SAMURAI
・DEAD SPACE2
・DUKE NUKEM FOREVER
・EDF インセクト・アルマゲドン
・WHERE THE WILD THINGS ARE
・エルシャダイ
・クラッシュ・オブ・ザ・タイタンズ
・鉄拳6
・ベルベットアサシン


ああ、積みゲーを5本崩す間に、確実に10本は新たに積まれていく・・・。
無念♪
プロフィール

black-alien

Author:black-alien
福島県に住み着く外来種。
県外の出身なのに福島を故郷だと言い張って聞かない困ったちゃん。
箱(XBOX360)をやり始めてから実績システムの存在を知り、いつの間にか実績マニアに・・・。
残念な腕前の自称ゲーマー。
・・・もはや病気です・・・

  • 管理画面
  • カテゴリ
    最新記事
    最新コメント
    箱ソフトを買うなら、ココが最安!
    ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
    検索フォーム
    フレンドさん達のお部屋
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。