スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

箱じゃないゲームについて ~「この裏切り者っ!」by  某ねーちん風味~

う~、最近寒いよぅ~。
箱買ってから2年と少し経ちましたが、基本的に箱ゲー専門のゲーマーになっちゃった私ですが、
最近すごく気になるゲーム(というか?)があります。

それは、「エンディングがひどいゲーム」です。
タイトルとかじゃありません。
思わず、うわっ! これはひどいエンディングだっ! と思ってしまうようなゲーム全般のことです。
まんまですね!

きっかけは、昔(当時中学生くらい)好きだったPSソフト「アインハンダー」のことを不意に思い出したことでした。
「アインハンダー」の魅力については、また機会があれば語ってしまいたいと思うのですが、ひとまずココでは割愛。
最初はアインハンダーのBGM(全体的にハイレベルなテクノサウンド)
が久しぶりに聞きたいな~、という気持ちになり、早速インターネットで検索。
*因みにサントラを持ってはいるのですが、サントラにはドイツ語などのMCが入っていないのです(涙)。

当時大好きだったBGMの数々(ゲーム中のドイツ語MC入り)を聞いているとテンションが上がる一方で、
「そういえばエンディングとか寂しい、というか主人公はエンディング後、生き残ってから最終的にはどうしたんだろう~?」
とふと思い、色々調べているうちに、シューティングゲー(特に昔の)の設定にはエグイものや、いわゆる欝設定が多いことが分かり、
その辺りから「ひどいエンディングのゲーム」に興味を持ちました。


外部のサイトの動画とかを直で紹介していいのか分からないので、興味がおありのかたは、
ぜひぜひ「ゲーム ひどい エンディング」あたりで検索してみてください。


「ひどい」といっても、単にお粗末なものや、救いがないもの、切ないものなど、方向性が色々あります。
中でも私がとても気になったものをふたつほどご紹介いたしたく。



・RAYSTORM(レイストーム) PS版 エクストラモード ED
曲がとってもきれい、美しい。必見ならぬ必聴。サントラ欲しいくらいに。
なのに、そのバックで流れている事の顛末(主人公機の戦闘報告)は絶望的。

「ラスボス(敵本拠地の衛星の制御装置みたいなもの)を倒したことで、
その衛星が制御を失い、ガスでできた巨大惑星に落ちていく。
首都及び周辺都市は消滅し、衛星は(全体の質量の)3割が消滅し、残りも消滅を免れない状況。
70億人いた殖民の7割が死滅し、残り3割も生存の望みなしと思われる。
敵側の連合の中枢制御システムであるジュダが失われたことで、戦争に終止符が打たれた。」
という戦果報告が英語で綴られる。
少し意訳ですが、大体こんな感じのことだと思います。

因みに、この文の背景にある惑星は上に書いたガスでできた惑星ではなく、地球です。
戦闘を終え、地球に帰還してきた主人公が見ている光景なのです。
地球もまた、敵側の攻撃によって破壊し尽くされてしまっていたのです。

すごく美しい曲が流れ続ける中で・・・。


・R-TYPE TACTICS バイド軍 ED
シューティングをほとんどやらない私は、タイトルくらいしか知りませんでした。
(まあ、今作はSLG)なのですが)
まず、「バイド」について簡単に説明しないといけないと思います。
ただ、いささか複雑なので、分かりやすくするために多少不正確な説明をします。

バイドとは、惑星規模での破壊兵器として人類が開発した生物兵器です。
手違いから始まって、紆余曲折の末、人類と敵対します。

バイドは生物や機械など、ほぼあらゆるものを侵食し、取り込んでしまう性質があるということです。
個人的にはマブラヴ オルタの、BETAのようなものを想像します。
また、更に厄介なのは、バイドを打倒するための方法がとても限られていることで、
バイド自体を転用した兵器でしか完全には滅ぼせないのだとか。

このゲームのバイド軍編の主人公は、先の戦いのラストでバイドに侵食された(バイド化した)
元地球軍艦隊の提督と、そのチームのメンバー。
本人達はバイド化してしまっていることに気づいていない模様。
バイド編になるとメンバーの名前がバイド名(?)になります。
ヘンなカタカナ2文字の名前に。

バイド化したことに気づかないまま地球に戻った彼らは、人類の脅威であるバイド軍として、
地球軍に迎撃されてしまいます。
「もしかして我々が戦っていた間に、既に地球はバイドに侵略されてしまっていたのか!?」
訳が分からないながらも自分の身を守るために反撃し、地球軍の艦隊を退けます。
そしてエンディングへ。


ここにきて、ようやく自分達がバイド化してしまっていたことに気が付く主人公達。
「どうやら地球には自分達を迎え入れてくれる場所も人間もいないようだ・・・」と、バイド軍は地球を去ろうとします。
そこへ背後から巨大レーザーが撃ち込まれます。
バイド艦隊の旗艦(?)が振り向くと、そこには多数の艦船と、無数の艦載機が。
地球軍の本隊と思しき大規模な艦隊群です。

このまま両軍で全面戦争か!?と思いきや、バイド軍は前を向きなおし、そのまま去ろうとします。
去っていく旗艦の姿が映るなか、周りのバイド軍の機体が次々に撃墜されていきます。
反撃しようと思えばいくらでも反撃できるはずで、しかも、本気で戦えば恐らく勝つこともできたのではないかと。
それでもバイド軍は反撃しません。
ただひたすら地球軍に背を向けて飛び続けるだけです。
その姿がとても切なく、もの悲しげで、軽く涙が出てきました。
ひとまず旗艦(?)は地球外に逃げ延びたようですが、ほとんどは撃墜されたように思われます。
化け物に成り果て、味方に殺されるとしても、それでも尚、
かつての仲間達を攻撃することを人としての心が許さなかったのでしょうね。


因みに、上で触れたバイド名ですが、それぞれの名前を特定の順番で並べると、以下のような暗号になるとのことです。

キガ ツク トワ タシ ハバ イド ニナ ツテ イタ
ソレ デモ ワタ シハ チキ ユウ ニカ エリ タカ ツタ
ダケ ドチ キユ ウノ ヒト ビト ハコ チラ ニジ ユウ ヲム ケル

切ないです。


これまでにも色々と切ないゲームもやってはきましたが、
両作品とも、それらとは少し趣の異なる切なさを感じさせるものでした。
これを機に、少しシューティングにも手を出してみようかな~、
とか思った今日この頃でした。
スポンサーサイト

Gears of War 新DLC Fenix Rising

年明け後に解禁の新DLC、Fenix Rising!
いくつかの実績と共に、マップやキャラクタースキンも追加に~。

追加マップは名称からは想像付かないものが多いですね~。
1であった階段は分かるとして、アンヴィルは恐らく砦防衛の時のマップ。
そのほかは良く分かりませんね。
depthって、ストーリーとかで深い場所ってありましたっけ?
アクト5の序盤?
slabってどこ?
slabなんて、個人的には「板チョコ(~枚)ちょうだい」って英語で言う場合くらいしか使わないんですが(アレ?)
全般的にどんなマップなのか想像しにくいかと(笑)。

何より気になるのが、新キャラの「リクルートクレイトン」。新兵の頃のクレイトンですかね?
ここでクレイトンの新兵版が出てくる意味が分かりません(笑)。
そも、ストーリー的にクレイトンの存在感自体が非常に微妙だったのに、わざわざ新兵版って、何?
ああ、そもそも3発売前は、「クレイトンは歴戦の兵士。COGの伝説の兵士の一人」みたいな感じだったはずなのに…。
実際プレイしてみると、いつの間にかチームにいて、最後まで特に活躍することもないまま終わる
「ただの賑やかし」的なピエロ君…(泣)。
ナニコレ?
てか、今回から登場の新キャラはみんなそんな感じですが(号泣)。


ここでふと思ったのが、「わざわざ新兵時のクレイトンを出す意味が不明」 もしもこれに意味があるとしたら?
クレイトンは既に経験を積んだ兵士。
彼が新兵の頃は結構前=アンソニー&ベンジャミンが存命の頃?

も・し・か・し・て!

新DLCでは追加ストーリーとして、新兵の頃のクレイトンを始めとして、カーマイン4兄弟が集結するお話が追加なの!?
だとすれば、わざわざクレイトンの新兵時のキャラを出す意味も分かるってもんです!

今のところ実績とマップ、キャラのことしか発表されていないのですが、
もしもそうだったなら、本編のストーリーのがっかり感を補って余りあるナイスサプライズです!

そうだったらいいな~。
また元気なベンジャミン君に会えるのかと思うと胸が熱くなります。
ついでに、ビーストモードにラーム将軍以下、エリート軍団を追加してくれ~、と贅沢を言ってみる。

いずれ、楽しみなDLCになりそうですな。

ギアーズ・オブ・うおおおー!3 リボン コンプです~

ギアーズ3のリボン、コンプしましたー。うわーい!
最後の1つは「凄腕スナイパー」でした。
今のところリボンは実績に絡まないのですが、一応コンプっておこうかと。
数あるリボンの中でも、特に取りにくかったのが、「チーム救世主」と「任せとけ」、「凄腕スナイパー」でした。


「チーム救世主」は自分以外に最低3人のプレイヤーが必要で、かつその3人ともが同時に
ドローンかグレネーディアを使用し、かつ3人ともがダウン状態になってくれないと取れません。
うぅっ、無理ですね~(泣)。

野良では、そもそも3人以上のメンバーがダウン可能なキャラを同時に使ってくれるのは、大体1~2wave位の時が多いです。
それ以降はモーラーやらブーマーやらがちらほらと活躍するようになってしまいます。
また、野良で1~2waveのうちにカンタスを解禁すること自体がほぼ無理です。

飽くまで野良で狙うならば、KYと思われること覚悟で、3wave位までドローンばかり使います。
そして、片っ端から難民をダウンさせてからスポットします。
トドメは他の人に譲る感じで。

これを徹底すると、2waveの終わり頃から3wave開始時にカンタスが使えるようになります。
以降は何があってもカンタスのみを使い、回復に専念します。
そうすることによって、「私は回復役に徹しますよ~」と他のメンバーにアピールします。
あとはひたすら他のメンバーが該当キャラを使ってくれることを祈りながら回復するのみです。
尤も、回復役が安定的にいてくれるということで、モーラーを多用するメンバーが出てきそうですが…。

プライベートでメンバーを集められるのであれば取得はそう難しくありません。
4waveか5waveで、レーザーワイヤーが出てくる最初のwaveが狙い目です。
まず急いでヒーロー1名を除いて全ての敵を処理します。
最後のヒーローはダウンさせて放置です。
ダウン役の人はドローンになって、なるべくまとまった位置のレーザーワイヤーに突撃してダウンします。
後は3人以上がダウンしているのを確認してから、彼らの近くでカンタスの人が回復すれば成功です。

コツとしては、時間が足りなくなる可能性が高いので、Rust Lungなどの狭くてワイヤーが密集しているマップを選ぶこと。
そして、カンタス役の人は最初からカンタスで待機、ダウン役のメンバーは全員、終始ドローンを使うことです。
ボイチャ推奨です。



「任せとけ」は、野良ホードの途中抜け率の高さから取得が非常に困難なリボンです。
途中抜けがないという前提で、野良で狙うとすれば、ボスwave時にベルセルクかランベントベルセルクが出たときがチャンスです。
中でも特にランベントベルセルクが相手のときは、それなりに上手いプレイヤーでも、
ちょっとしたミスでダウンすることがままあるので、回復役に徹してみるといいでしょう。

プライベートでメンバーを集められればさくっと取得可能です。
特に、メンバーのだれか一人でもミューテーターの「思わぬ攻撃」を持っていれば、
ポストを立てる前にFFして回復すればOKです。
3ダウンで即死なので、一度に2人ずつしか取得できませんが。

ちなみに少しでも早くやり直すためにワンポイント。
5人中3人を3ダウンで死なせ、残りの二人は互いにスモークを刺し合うと二人ともダウンするので、全滅扱いになります。


因みに、一見難しそうな「チームシャーマン」は野良で十分取れたりします。
他のビーストメダルを取り終わる前に10個くらい取れました。
最初は「このモード要る?」と思っていたビーストモードですが、
今やホードよりもずっとハマってしまいましたw
プロフィール

black-alien

Author:black-alien
福島県に住み着く外来種。
県外の出身なのに福島を故郷だと言い張って聞かない困ったちゃん。
箱(XBOX360)をやり始めてから実績システムの存在を知り、いつの間にか実績マニアに・・・。
残念な腕前の自称ゲーマー。
・・・もはや病気です・・・

  • 管理画面
  • カテゴリ
    最新記事
    最新コメント
    箱ソフトを買うなら、ココが最安!
    ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
    検索フォーム
    フレンドさん達のお部屋
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。